• HOME
  • SHARE TO FRIEND
  • Login
slider

slider

slider

slider

slider

slider

slider

slider

教授たちが言っていること

様々な分野の教授や学者たちが、聖書を読むだけではなく、学校で読解に使うこと、特に英語教師が使うことを勧めています。

ノースウェスタン大学のバーバラ・ニューマン教授は、「聖書はすべての静養文化の中で最も影響力を持った書物です。中世や近世、現代文学は聖書を知らないと理解できません。…チョーサーを教えるにあたってはもちろんのこと、トニ・モリソンを教えるときにも当てはまります。そして明らかに聖書の知識は必要不可欠です。」と言っています。*

プリンストン大学のウルリッヒ・クヌープルマッハー教授はこう言っています。「英国の伝統もピューリタンの作家から始まったアメリカの伝統も、ヘブライ語聖書と新約聖書の知識は、古典の参考文献などよりも重要です。学生がその知識を持っていないならば、深い読解力をもつ読者になる能力は得損ないます。*

ハーバード大学のロバート・キーリー教授は、「学生が聖書の文献を知らなかったら、その学生はシェイクスピア、シドニー、スペンサー、ミルトン、ポープ、ワーズワースの作品のニュアンスを全く理解できないとしか言えません。」と言います。*

ノートルダム大学のジェラルド・L・ブランズ教授はこう言っています。「聖書から始めずに、西洋文学を知的に、あるいはまとめて研究することはできません。」*

カリフォルニア大学バークレー校のスティーブン・ゴールドスミス教授は、このように言っています。「聖書の背景を持っていないと、作家の作品を読むのが不可能なのだというだけではなく、彼らの作品の方向性全部を見逃してしまうということなのです。聖書の背景を持たないでウィリアム・ブレイクに出会ったら、彼がエキセントリックで、単に先見の明のある作家で、意味はかなりあいまいなように見えます。…ひとたび聖書の背景があれば、彼の考え方と彼の想像力がどのように、この文学の入り口(聖書)のある部分に根ざしているかが、分かり始めるし、聖書が分かれば彼の文化的背景のしっかりとした枠組みを得ることができるので、単なる特異体質の作家として読むことはなくなるでしょう。」**

ペンシルベニア大学のローランド・M・フライ教授と故シェリング英文学名誉教授は、「歴史的視点におけるキリスト教の教義に対する身近な理解は、シェイクスピアの芸術に対するより完全な理解に貢献するが、シェイクスピアの芸術は劇場の演劇化に専念していない。」と言っています。

*これらの引用は、2006年6月1日にリリースされた2006聖書リテラシープロジェクトから取られています。報告書は、米国のトップ大学34人の39人の英語教授を調査した。詳細は下記のウェブサイト。www.bibleliteracy.org

**フライ、ローランド・ムシャットより引用。『シェイクスピアとキリスト教の教義』プリンストン、ニュージャージー州:プリンストン大学出版局、1963。

What's in a name?

Common names such as Joseph and Rachel have their origins in the Bible. Want to know their stories before picking the right name for yourself? Click here to find out.