• HOME
  • SHARE TO FRIEND
  • Login
slider

slider

slider

slider

slider

slider

slider

slider

Mark of Cain カインのしるし (創世記 4:15)

絵の説明: カインがアベルを殺害する
著作権: V. Gilbert and Arlisle F. Beers

聖書節

“そこで主は、彼に出会う者が、だれも彼を殺すことのないように、カインに一つのしるしを下さった。”(創世記4:15)

意味

カインのしるしは今や人の罪や後悔を意味する。

起源と適用

アダムとエバの最初の息子、カインは弟のアベルを殺してしまいました。これは聖書の中での最初に記されている殺害です。アベルが殺された後、彼の声は土から神に届き、神はカインを罰するために呪いをかけました。 “それで、あなたがその土地を耕しても、土地はもはや、あなたのためにその力を生じない。あなたは地上をさまよい歩くさすらい人となるのだ。”(創世記4:12)カインは見つかったら殺されてしまうのではないかと恐れていました。カインが見つかっても殺されない様に、神はカインの額にしるしをつけました。

私の額にはカインのしるしがあります。

Keywords

Related Information

NIV official site
Chinese Bible (???)

What's in a name?

Common names such as Joseph and Rachel have their origins in the Bible. Want to know their stories before picking the right name for yourself? Click here to find out.