• HOME
  • SHARE TO FRIEND
  • Login
slider

slider

slider

slider

slider

slider

slider

slider

Damascus road experience ダマスコの道での経験 (使徒言行録 9:18)

絵の説明:ダマスカスへの道にいるポール

絵の著作権:V.ギルバート、アライルF.ビアーズ

聖書節

するとただちに、サウロの目からうろこのような物が落ちて、目が見えるようになった。彼は立ち上がってバプテスマをうけた。

意味

現代の語法では、ダマスコの道の経験や改宗は政治観の変化、キャリアの転換や別の宗教への改宗などの重要な問題における突然の変化に参考とされています。

起源と適用

キリストの使徒パウロはローマの地に生まれました。パウロはイエスの弟子達を迫害してきたパリサイ人でした。神はパウロが現在のシリアの首都であるダマスコへ向かう途中に輝く光に包まれ彼の前に現れ示ました。パウロはその強い光を見たために3日間盲目となり、神からパウロのために祈る事を使わされたアナニアという名前の弟子と出会うまで続きました。その後パウロは改宗しイエスについて歩む事になりました。

Keywords

Related Information

NIV official site
Chinese Bible (???)

What's in a name?

Common names such as Joseph and Rachel have their origins in the Bible. Want to know their stories before picking the right name for yourself? Click here to find out.