• HOME
  • SHARE TO FRIEND
  • Login
slider

slider

slider

slider

slider

slider

slider

slider

Fall by the wayside 道ばたに落ちる (マタイによる福音書 13:3-8)

挿絵: 種まきの例え

聖書節

「種を蒔く人が種蒔きに出かけた。蒔いているとき、道ばたに落ちた種があった。すると鳥が来て食べてしまった。」(マタイの福音書13.3-4新改訳)

意味

道ばたに追いやられて、義務感を失い、いいかげんな態度になること。例えば、ほされた政治家がその党の課題に無関心になること。

起源と適用

イエスは、その時代ユダヤ人やアラブ人がしていた教え方であるが、よく例えを使って話された。例えを使うことによって、日々使う言葉で会衆に霊的な教えを理解させることができたからである。この例えでは、イエスは種を用いられた。この例えを心に留めて神を受け入れた人々もいたが、他の人々は、肥えていない、道ばた、または石やでいっぱいの道に落ちたように、イエスの話を無視した。

初めは順調だったが、邪魔が入り、道ばたに落ちてしまった。

Keywords

Related Information

NIV official site
Chinese Bible (???)

What's in a name?

Common names such as Joseph and Rachel have their origins in the Bible. Want to know their stories before picking the right name for yourself? Click here to find out.