• HOME
  • SHARE TO FRIEND
  • Login
slider

slider

slider

slider

slider

slider

slider

slider

Forbidden fruit 禁断の実 (創世記 2:16)

絵の説明:禁断の実

聖書節

神である主は人に命じて仰せられた。「あなたは、園のどの木からでも思いのまま食べてよい。しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるとき、あなたは必ず死ぬ。」(創世記2.16-17)


意味

禁断の実を食べたという時、それはたいてい何か不道徳な誘惑に陥ったという意味である。たまに、初めての性交のことも言う。


起源と適用

禁断の実とは?天地創造の初め、神はアダムに善悪の知識の木から食べてはいけない、「それを取って食べるとき、あなたは必ず死ぬ。」(創世記2.17)と言われた。アダムと妻エバはそれを気に留めず、一口食べた後、目が開かれ、自分たちが裸であることに気づいた。彼らは恥ずかしく思い、それから人間は体をおおうようになった。 禁断の実は、中世後半から多くの絵画や文学小説の中でりんごに描かれるようになった。ジョン・ミルトン著「PradiseLost」の中で、「私たちが知っているこの世での善と悪は、いまや分離不可能のように大きくなっている。双子が一緒にくっついているように、善と悪の知識がこの世に飛び出してきたのは、りんごの皮を味わってからである。」しかし、聖書には、何か果物の実との記述はない。

Keywords

Related Information

NIV official site
Chinese Bible (???)

What's in a name?

Common names such as Joseph and Rachel have their origins in the Bible. Want to know their stories before picking the right name for yourself? Click here to find out.