• HOME
  • SHARE TO FRIEND
  • Login
slider

slider

slider

slider

slider

slider

slider

slider

SABBATICAL YEAR 安息年 (レビ記 25:4)

聖書節

意味

安息年は、通常の仕事をすることから休みをとる期間です。

起源と適用

時に、大学教授の研究室の外には、サバティカル休暇と書かれた札がかかっていることがあります。サバティカルイヤー安息年は、通常の業務から休みをとる期間のことです。
旧約聖書に書かれている時代、神はイスラエルの人々に、六年たつごとに一年、農地に休耕の年を与えなさいとおっしゃいました。七年目、つまりサバティカルイヤー、が終わったら、農家は畑をもう一度耕してよいのです。今日、多くの教会では牧師が六年継続して牧会したら、休みをとるようにしています。サバティカルイヤーになると、その牧師たちは、休養したり、学んだり研究したりして、また働きに戻ります。学業の世界では、サバティカル休暇は、学期間の休みで、その間、その教授は、学業研究に没頭するために教えることを停止します。

サバティカルという言葉は、「安息」から来ていますが、それはヘブル語で休むという意味です。この世を創造するとき、神はこの世を六日で創られ、最後の日は何も仕事をしないで休むためにとっておかれました。ユダヤ人はこの日を安息日と名付けましたが、この習慣は現代まで見られます。イスラエルでは、安息日は金曜の日貿から土曜の日没までで、すべての公共交通機関は停止します。アラブ人運転手の運転するタクシーだけはこの慣習に従う宗教的制約がないので例外です。そういうわけで、イスラエルに到着する旅行者はよくイスラエルへの到着日は安息日にしないように忠告されます、タクシーを何時間も待たなくてはならないからです。


スミス教授は、今学期サバティカルです。

Keywords

Related Information

NIV official site
Chinese Bible (???)

What's in a name?

Common names such as Joseph and Rachel have their origins in the Bible. Want to know their stories before picking the right name for yourself? Click here to find out.