• HOME
  • SHARE TO FRIEND
  • Login
slider

slider

slider

slider

slider

slider

slider

slider

Land of Nod ノデの地 (創世記 4:16)

絵の説明: アベルを殺すカイン
著作権: V. Gilbert and Arlisle F. Beers

聖書節

“それで、カインは、主の前から去って、エデンの東、ノデの地に住みついた。”(創世記4:16)

意味

「ノデ」とは英語で「相づち」を意味し、眠りという意味になるように時代と共に変わっていきました。「ノデの地」にいるという事は、眠りについているという事を意味します。

起源と適用

カインは弟アベルを殺してしまったため、神に呪われてしまいます。そこで、彼は「主の前から去って、エデンの東、ノデの地に住みついた。」 ではノデの地とは一体どこにあるのでしょうか?「ノデ」は元々さまよう、又は歩き回るという意味でした。古代において、眠るということは違う土地に歩き回りに行くという風に伝わってました。やがて「ノデ」という言葉は英語において、眠り始めるという意味も込められるようになりました。

つまらない授業は人をノデの地に送ってしまう。

Keywords

Related Information

NIV official site
Chinese Bible (???)

What's in a name?

Common names such as Joseph and Rachel have their origins in the Bible. Want to know their stories before picking the right name for yourself? Click here to find out.